SSブログ
2024年03月| 2024年04月 |- ブログトップ

足のしびれに悩む80歳の女性の話 [具体的な症例]

 数年前から両足のしびれに苦しんでいる女性が来院しております。

お住まいの区の医療機関は全て受診して治療を受けましたが、症状は増悪する一方だそうです。

最近は足だけではなく、両手にもしびれが出てくるようになりました。

安保先生の本に当クリニックのことが紹介されておるのを発見して受診なさったそうです。


  実にたくさんの医療機関を受診し検査を何回も受けてきたのですが、これといった異常は指摘されておりません。

しびれに効くとされる内服薬や湿布などをたくさん使ってきましたが、全く効果はなかったのです。


 診察すると身体全体が冷たいのです。

体温は35度台と低めであるほか、手のひらの中央部では30度、指紋中央部付近の温度が23度程度と

末梢まで十分に血液が流れていない状況です。


 このような状況では、つまり身体が冷えている状況では身体の組織がむくんできます。

そうすると、むくんだ組織が神経を刺激してしびれを感じるようになります。

このむくみの持続時間が長くなると、しびれから痛みに変わることが増えてきます。


 治療はどうすればいいのか?


 諸悪の根源は身体の隅々まで温かい血液が流れていないことです。

従って十分に身体を温めれば改善していきます。

ここまで身体が冷えていると、飲んだり食べたりした飲食物や薬物そのものの吸収率が悪くなっているので効果が期待しにくい状況になっております。

実際薬物が効果がなかったでしょう?


 このような状況にまで追い詰められた場合には、物理的に身体を温めることが必要になります。

内臓にある程度血液が流れるように身体を変えるのです。

その手段としては身体を温めるには熱量が大であることが求められます。

それが湯たんぽです。


 診察後、2リットルの沸騰したお湯を入れた湯たんぽ美人を身体にあてがうと、冷えていたことが納得できたようです。

湯たんぽの使い方を説明しているうちに徐々に身体が温まってくると、痺れが軽減してきました。


 筋肉を刺激すると血液の流れがよくなります。

本格的な治療をすればもっと改善してくると考えられます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

2024年03月|2024年04月 |- ブログトップ