So-net無料ブログ作成
具体的な症例 ブログトップ
前の10件 | -

大腸癌手術後状態の患者さんが受診されました。 [具体的な症例]

 手術後に抗癌剤の治療を受けている70台前半の女性患者さんです。

抗癌剤を注射されると、手足がしびれるそうです。

まだ初回の抗癌剤治療だったので、これが治るかあるいはもっと悪くなるか、不安が強いようです。

診察すると、身体が冷えきっておりました。


冷えると血流が悪くなり、うっ血が多くなり局所的には浮腫んできます。

そのむくみが神経を刺激して、しびれや痛みになります。


治療法としては局所のむくみを改善させることが重要です。

冷えが目立つのは手足ですが、指先を温めるのはでは改善しません。

二の腕を温める必要があります。

足先が冷えていても、冷えている部分を温めるのでは改善しません。

臀部や大腿部を温める必要があります。


このブログで何度も取り上げている部位を何度もお湯替えをしながら、しっかりと温めて頂きました。

リンパ球は14%,800個しかありませんでした。

しっかりと身体を温めただけで、手足のしびれは消失こそしませんでしたが、軽減しました。

綿花を利用した、まだらめ式間接灸と気診治療の組合わせで治療を始めております。

リンパ球は35% 1,800個まで増え、その後何度か抗癌剤の点滴を繰り返しておりますが、

手足のしびれはなく、経過良好です。


最近はリンパ球が53%になり、リンパ球の数は2,000個を越えております。

ここまで来ると抗癌剤は、ほぼ不要の状態になります。


 今の新型コロナウイルスではリンパ球の数が少ない患者さんは亡くなる可能性が高いそうです。

この患者さんは年齢および基礎疾患があることから、新型コロナウイルスに罹患したら亡くなる可能性が高いと考えるのが一般的です。

しかし、今の2,000個を越えるリンパ球数ならば、生還する可能性は高いと思います。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

アトピー性皮膚炎の患者さんの話 [具体的な症例]

 標記の患者さんが受診されました。

40台の女性患者さんです。

幼少期からのアトピー性皮膚炎で、長期間に渡りステロイドを使い続けた方です。

それでもある程度の年齢になった時に、ステロイドの副作用を知り、頑張って離脱したのです。


仕事が忙しくなったら落ちついていた皮膚が、再びぶり返してきました。

全身が痒くなるし、かゆみのために眠れなくなるし、仕事は寝不足のため失敗が増えて、尻拭いに時間がとられて

悪循環そのものの生活になってしまいました。


安保徹先生の著作から当クリニックの存在を知り、受診されました。


診察すると身体は冷えきっておりました。

手のひらの中央部は26度で、中指の指紋の部位は22度しかありません。

こんなに冷たい手なのに、本人は熱く感じておりました。

冷えきっている方では、このようなことが観察されます。

そのため、本来は温めなければいけない状況でも冷やすことすらでてきます。


顔は赤く腫れ上がってましたが、体幹部は黒くなっております。

お腹は温かいのですが、四肢は冷たい状況です。

これは胃腸の調子が悪い方がこのような身体所見を呈します。

案の定、早食いです。


どれだけ噛めばご飯がどろどろになるか、試していただきます。

そうしないと胃腸の負担が大きくなり、肩こり・首こり・背中や腰の重苦しさ等が治りません。

筋肉の異常は胃腸との関係が大きいのです。


 刺絡と綿花を利用した、まだらめ式間接灸と気診治療の組合わせで治療を始めることにしました。


治療した日はよく眠れるようになってきました。

体幹部の皮膚は乾燥しておりましたが、初診時と比べるとだいぶ改善してきております。

まだ2回しか治療しておりません。

これだけの治療でそこまで変化するならば、皮膚がきれいになるのにもあまり時間がかからないと思います。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

帯状疱疹後遺症の患者さんの話 [具体的な症例]

 3年前まで、乳癌の再発転移予防のため通院していた70歳台の女性が、先月帯状疱疹に罹患しました。

皮膚科での治療後、皮膚の状態は概ね回復しつつありますが、痛みが残っております。

あまりにも痛くなるので、就寝時にも目が覚めてしまうそうです。

眠りが妨げられる状況とは、痛みが重症である証拠にも挙げられる状態です。


 久しぶりに昨日電話してくださいましたが、声が疲れきっていることがわかる状態でした。

入浴すると痛みが軽減するということです。

湯たんぽは使ってらっしゃいましたが、

寝るときだけの利用でしたので極力使用する時間を伸ばすことを提案しました。


 本日の受診でしたが、湯たんぽを使う時間を伸ばしたら、痛みが激減したそうです。

これまでは血圧は問題がなかったそうですが、痛みがでてから血圧が高くなってきました。

わずかの湯たんぽ利用の時間が増えただけですが、今朝は全く正常の血圧に戻ったそうです。


 本日は痛みはかなり軽減しており、むしろ皮疹のなごりのある部位の感覚が鈍っているようでした。

帯状疱疹というように、神経節に沿って皮疹がでます。

経絡的には典型的なツボを刺激すればいい状態です。


 腕のツボを刺激すると、背筋が伸びて痛みや知覚鈍麻が気にならなくなりました。


 自宅でも当分この刺激を続けてみましょう。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

両側乳癌手術後状態の患者さんの話 [具体的な症例]

 標記の患者さんが受診されました。 標準治療を受けていらっしゃいましたが、抗癌剤の副作用がひどいために継続が不可能となったそうです。 抗癌剤を中止してすでに3ヶ月経過しておりますが、むかつき・背中の苦しさ・不眠はほぼ変わらず続いているそうです。 診察すると、昼食後3時間も経っておりましたが胃の内容物があるのがわかります。 下腹部中心に腸管ガスが多く診られました。 後頚部や背中・腰の筋肉が凝っており、これでは眠りの質は悪そうだと考えられました。 何といっても手足が冷たく、驚いたことにこのような冷たさを自覚していないかったのです。 手足が冷えると、内臓に十分に血液が流れなくなります。 そのために吐き気がでたり、むかつきが治りません。 このように胃腸の動きが悪いのは、交感神経が優位なためです。 それに伴って、筋肉内の血液の流れも悪くなり、背中の筋肉がこってくるので背中が苦しくなるのです。 副交感神経を優位にすればよくなります。 最も簡単で効果的な方法が、湯たんぽ美人で身体を温めることです。 湯たんぽを使う、というと寝る時に使ってます!とおっしゃる方が多いのですが、それではこのような病態は改善しません。 一日は24時間しかありませんので寝ている間がよくなっても、起きている時間が良くない状態では治りません。 始めは一日中、湯たんぽ美人で身体を温める必要が高いのです。  この患者さんは湯たんぽ美人で身体を温める傍ら、首のスジにお灸をしました。 詳細は次回書き込みます。  青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

乳癌の患者さんの話 [具体的な症例]

 58歳の女性の話です。
4年前に左乳房の腫瘤に気づき、某大学病院では乳癌と診断されました。
手術は絶対に嫌!ということで、いろいろな健康法を試したのです。
1年間頑張ったら、3センチ強の腫瘤がかなり小さくなりました。
2センチ弱まで小さくなりました。

腫瘤が小さくなった時期を同じくして、一身上の諸々の事情ができました。
自分のために時間がとれない状況になったのです。
実質的には乳癌を放置したのと同じになったら、乳癌は大きくなりました。
あわてて以前と同じように頑張りましたが、今度は小さくなりません。

 やむを得ず、当クリニックを受診することになりました。

診察すると、身体は冷えきっております。
深部温度をあげる治療は継続しているそうですが、どうも効果は不十分なようです。
腫瘤は10センチ以上あります。
腋窩のリンパ節も腫大しています。
まずは24時間身体を温めることが可能な、湯たんぽ美人をしっかり使いましょう!

 乳癌は相当に大きくなってきております。
相当に頑張らないといけません。
これまでは温灸器を利用していたそうですが綿花を利用した、まだらめ式間接灸と気診治療の組合わせで治療することとしました。

 当クリニックでのお灸のやり方にショックを受けたそうです。
自分でやっていた温灸器を使った治療が、いかに甘いものだったか判ったそうです。
綿花を利用した、まだらめ式間接灸で治療すると腫瘤が小さくなるのがその場で判ります。
温灸器での治療はそのような効果は実感できなかったのです。

 気診治療では全身がゆるみ、リラックスするとはこういうことだと、初めて判ったとおっしゃっておりました。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

乳癌の患者さんの話 [具体的な症例]

 今年50歳になった女性の患者さんです。
約3年前から治療を始めております。
健診で乳房の腫瘤を指摘され、精査の結果浸潤癌が判明しました。
どうしても手術がイヤで、当クリニックを受診されました。
腫瘤のサイズ2センチに欠ける程度と小さいので、外科の先生と並診する形で治療を始めました。

 お灸をすると腫瘤が小さくなります。
小さくなると油断して、お灸をする頻度が減ります。
そうすると腫瘤が大きくなります。

 この繰り返しで3年が経ちました。
最近の検査で腫瘤が大きくなって2センチを越えました。

 約2ヶ月後に受診されたのですが、かなり小さくなってきました。
明らかに2センチはありません。

 聞くとお灸を真面目にやったそうです。
もう少し頑張って、安全圏に逃げ込んでからお灸をさぼるようにしましょう!

 とりあえずは、腫瘤が触れなくなるまではお灸の頻度を多いままにしましょう。
その後もこのような刺激は必要ですが、まずは腫瘤が小さくすることを最優先しましょう!

 ここで言っているお灸とは、綿花を利用したまだらめ式間接灸のことです。
せんねん灸などのいわゆる簡易灸では、簡単にヤケドしますのでやらないでください。
念のため申し添えます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

久しぶりに受診した肺癌の患者さんの話 [具体的な症例]

 昨年の夏まで定期的に通院していた肺癌の患者さんが久しぶりに受診されました。
全身倦怠感のため通院が困難となったのですが、最近は左の肩甲骨付近の痛みがひどくなり、その治療を求めて受診されたのです。
肝臓にも転移があり、かなり大きくなっております。
完治は見込めないとして、通常の病院では親身になってみてもらえないこと、待ち時間が長く身体が耐えられないことから通院していないそうです。

 このような状況では、骨転移が最も心配です。
検査そのものを拒否されていますので詳細は不明ですが、肝臓はお臍近くまで大きくなっておりますので、肩甲骨を含めた骨に転移があってもおかしくはない状況です。

 骨に転移があったとしても、筋肉がしっかりしていて身体を支えることが可能ならば痛みは軽減させることは可能です。
肩甲骨付近には手をつけずに、力こぶ周囲を刺激します。
綿花を利用した班目式間接灸を行なうと、肩甲骨付近の痛みがなくなってきました。
もちろん仕上げには気診治療を行なっております。

 この治療の効果がどの程度持続するかは不明ですが、痛みがでれば再び同様の治療をすればいいのです。
少し慣れてくれば予防的に治療すればよろしいのです。
とりあえずこの治療で症状は改善できました。
お灸もしばらくやらない期間がでていたそうでした。
当分は自宅でもお灸を続けていただき、可能な限り受診されることをお勧めしました。

 治療後はにこやかな顔でお帰りになりました。

 このような症状を改善させるためには、モルヒネでなくても可能です。
治療手段は沢山あった方がいいですね。
その中で選択できるとよろしいです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
 

腸ベーチェットの患者さんの話 [具体的な症例]

 大学生の男性患者さんが受診しました。
腸管に潰瘍が多発して、一部では出血がひどくなって手術までしていた患者さんです。
顔色が悪く、痩せ形の体形です。
大学3年生だそうですが、就職するにしても、学究生活にはいるにしても、将来に対する不安が強いのでした。

 診察すると身体は冷たく、筋肉の凝りが目立ちます。
根本的には、内臓に十分に血液が流れれば解決の方向に向かうと考えました。
そこで湯たんぽ美人による身体の加熱をお勧めしました。
この湯たんぽを使ったら、気持ちがよくて手放せなくなったようです。

 1週間後に受診した際には、顔色がよくなり不安感がすっかりなくなっておりました。
当クリニックの治療でよくなる!と確信したそうです。

 通常は治療は15分で1ワクで行ないますが、この患者さんは2ワクの30分を取ってもらい、
綿花を利用した班目式間接灸と気診治療の組合わせで治療しました。
班目式間接灸を覚えていただければ、自宅でも自己治療ができます。
治療の頻度が高くなれば、治る確率が高くなります。
つまり自分自身の努力で、治る確率を高くすることができるのです。

 この患者さんはまもなく夏休みが終わる時期だったので、頻回の治療をお勧めしました。
夏休み中にお灸をマスターして欲しかったのです。
しかし、たった1回の治療ですっかり体調がよくなった患者さんは海外旅行に出かけたのでした。

約10日間海外で暮らしたのですが、当クリニックで治療して体調がよい状態がそのまま維持できたのです。

 しかし、この状態は危険なのです。
自分自身で体調の管理をしようとしなくなるのです。
大学が忙しくなると、受診できなくなる可能性が高いのです。
その時に自分自身で治療できるか否か、が人生を分ける可能性もあるのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

乳癌手術後に3回の再発をきたしている患者さんの話 [具体的な症例]

 標記の患者さんからの問い合わせがありました。
4年前に乳癌の手術を受けた方です。
その後再発し、抗癌剤の治療を受けたら死ぬほどの苦しみを受けたそうです。
その時以来、抗癌剤は断固拒否!という方針で治療を受けてきたそうです。
残念ながら再発をきたしたので、今度は放射線治療で対処していらっしゃる状況。
放射線治療を繰り返しているのが現状です。

 この方の根本的な問題は体質改善を計っていないことです。
癌ができる体質そのものに対する対処をせずに、小手先での抗癌剤治療・放射線治療しか受けていないことです。
いろいろな意見はありますが、抗癌剤や放射線治療を否定するつもりはありません。
使い方によっては素晴らしい効果がだせる治療法です。
現状では意識的に効果がだせるような治療法になっていない可能性が高いと考えております。

 そのそも健康なヒトにでも、癌細胞は一日に8,000個は発生しております。
発生した癌細胞を免疫機能が処理してくれるのです。
ある程度免疫機能がいいので、検査しても癌はみえないというのが健康なヒトの場合です。
つまり癌細胞があっても大きな塊にはなっていないのです。

 抗癌剤や放射線治療を受けると、白血球の中のリンパ球の数が減ります。
リンパ球こそが免疫機能の中心なのです。
まずはリンパ球の状態を知ること、おそらく少ないと思いますので、増やすための方策が必要です。
早寝早起き・歯磨きの頻度を増やす・身体の冷えを解消させるなどの日常生活での取り組みが必要です。
そのうえで、綿花を利用した班目式間接灸を行なえば、治療に要するコストを安く抑えて免疫機能の向上が期待できます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com/

潰瘍性大腸炎の患者さんの話 [具体的な症例]

 潰瘍性大腸炎の患者さんが受診されました。
あまりにも血便がひどかったので某大学病院に入院なさったそうです。
ステロイドを勧められたのですが、それがイヤでいろいろと検索なさったそうです。
薬物治療を行なわない当クリニックを発見されたのでした。

 患者さんは30台の男性です。
通勤に2時間かかるそうで、仕事が忙しいときには睡眠不足が連日のことになるようです。
内臓に問題がある場合には、まずは十分な睡眠時間を確保する必要があります。
なにしろ地球上で生きているのです。
全く意識できませんが、重力の影響を受けております。
そのため、横になっている時とそうでない場合では、内臓に流れる循環血液量が違うのです。

 起立したり、起座位では、横になっている時の半分しか内臓に血液が流れないのです。
また内臓の機能は、その臓器に流れる循環血液量に比例するのです。
つまり、起立時や起座位での内臓の機能は横臥時に比べると、半分以下なのです。

 この状況では大腸に十分な血液が流れません。
なんとしても睡眠時間を増やす必要があるのです。

 無理を承知で、会社の近くに引っ越すことを提案しました。
すぐに引っ越しは無理でしょうが、まだ年齢的には若いので定年までの期間を考慮したら、通勤時間を短くする必要が高いのです。

 診察すると、おなかが冷たいのです。
おなかだけではなく、手足も冷たいのです。
これでは大腸には十分に血液は流れ難いでしょう。

 湯たんぽを使って身体を加熱保温すれば身体の冷えは治せます。
そうすることによって、大腸をはじめとする内臓に十分に血液が供給できるだろうと期待できるのです。
しかし、睡眠時間が短いのでこの対策のために必要なのが引っ越しです。

 このようにして内臓に十分に血液が流れるようにしてから、刺絡と気診治療の組合わせで治療を始めます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com
前の10件 | - 具体的な症例 ブログトップ