So-net無料ブログ作成
治療効果 ブログトップ
前の10件 | -

線維筋痛症について [治療効果]

 数年前にはレディーガガが線維筋痛症であるため、活動を休止する報道がありました。

昨日は元フジテレビアナウンサーの八木亜希子さんが、線維筋痛症のために活動を休止するという報道がありました。


 線維筋痛症は女性に多い病気です。

一般には難治疾患とされておりますが、治せる病気です。

ただし、治療の仕方では改善に時間がかかります。


 詳細は他のブログに書き込んでありますので、関心のある方はこちらをご覧ください。

線維筋痛症や慢性疲労症候群に特化したブログです。

自分で出来る治療法などを参考にして頂ければ幸いです。




nice!(0)  コメント(0) 

綿花を利用した、まだらめ式間接灸の効果 [治療効果]

 かつて、お灸は顔面にしてはいけない治療でした。

米粒の半分くらいの大きさのモグサを肌に直接くっつけて、お線香で火をつけるやり方でお灸をすると、いくら気をつけてもヤケドする可能性があるのです。


 タイトルにだした綿花を利用した、まだらめ式間接灸では目のお灸をしてもヤケドしません。

目の下のクマが解消されるだけではなく、交通事故後にモノが二重にみえる複視の症状が改善したり、緑内障で眼圧が高くて困っている患者さんの眼圧が正常化したり、白内障の前駆症状の飛蚊症が治ったりしました。

例は少ないのですが、眼底出血した患者さんは驚異的な早さで出血が改善したこともありました。


 まぶた周辺には副交感神経の枝が多いので、目に綿花を利用した、まだらめ式間接灸を行なうと副交感神経を刺激する効果がでてきます。

癌などの悪性腫瘍の患者さんでは免疫状態が低下している事が多いのですが、目のお灸をすると免疫の状態が改善しやすくなります。

簡単に免疫の状態を評価するために、白血球の中身のリンパ球の%および絶対数が目安となります。

リンパ球の%が35〜42程度に納まっている事、あるいはリンパ球の絶対数が2,100〜2,400個の間に納まる事が目安です。


 目のお灸はその助けになります。


免疫の状態が低下したのは言葉を替えて表現すれば、交感神経が優位になり副交感神経機能が低下した状態です。

従って、何らかの形で副交感神経を刺激すれば解決できるのです。


 癌などの悪性腫瘍とは無関係に、目のお灸で目の疲れがとれやすくなります。

しかし、患者さんに話を聴いていると、目の疲れがとれるよりも全身の疲労倦怠感が軽減するとおっしゃる方がはるかに多いのです。

不眠が改善しやすくなる、ドライアイが改善する効果もあります。


不眠に関しては先日ほかのブログに投稿した記事がありますので、ご参照願います。



nice!(0)  コメント(0) 

51歳 結腸癌手術後腹膜播種の女性患者さんの話 [治療効果]

 49歳で結腸癌が発見され手術を受けましたが、翌年吻合部の再発が発見され、

再び手術を受けていらっしゃる方です。

不幸な事に、最近になって腹膜全体への転移、腹膜播種が発見されてしまったのです。


 常にお腹が張って苦しくなっております。

そのため、食事が摂れません。

歩くとすぐに息切れがでてくる状態です。

通院している病院では腸閉塞と診断されております。


 ネットで検索して当クリニックを受診されました。

診察すると、手足は氷のように冷たい状態でした。

お腹にはガスが多く、打診ではお腹全体で鼓音を呈しておりました。

つまり、お腹全体にガスが充満している状態でした。


背中や腰の筋肉がバリバリにこっておりました。


 胃腸の機能をよくする足のツボ刺激をすると、腹直筋や肋間筋のこりが軽減し、

背中や腰の筋肉のこりも軽減しました。

なんとなく調子がいいと感じてくださいます。


 首のスジの灸をするとお腹が動く感じがでてきました。


このような初診時の効果で、お灸でなんとかなりそうな雰囲気がありました。

もちろん、湯たんぽ美人を使ってしっかりと身体を温める必要があります。

そのうえでのお灸です。

この順番が逆だと効果が乏しくなります。


再診のときから綿花を利用した、まだらめ式間接灸と気診治療の組合わせで本格的な治療を始めました。


本日が第3診目でした。

腹部膨満感はなくなり、普通に食事が摂れるようになってきました。

癌細胞で腸管が詰まった状態の腸閉塞ではない、と考えます。

消化管の動きが悪くなった程度の腸閉塞だったのでしょう。


 本日は股関節周囲の筋肉の圧痛を取り除く治療と、こめかみのこりを改善させる治療の組合わせで治療しました。


 目がすっきりと見えるようになり、頭もスッキリしてきたそうです。

脳のうっ血も減ってきたのでしょう。


 仕上げに気診治療を行ないました。


 来週も受診予定です。







nice!(0)  コメント(0) 

Her 2蛋白陽性の乳癌患者さんの話 [治療効果]

 標記の患者さんの治療をしております。

この患者さんは40歳台で手術後状態です。

抗癌剤を使っておりましたが、副作用がひどくなり抗癌剤を続けられなくなりました。

抗癌剤とは抗HER2療法のハーセプチンでした。

中止しても吐き気・頭痛がひどく、どんどんやせてきました。


 ネットで検索して当クリニックを受診されたのです。

ハーセプチンを投与してもHer 2蛋白の血中濃度は高く、しかもそれを止めたものですから精神的にも不安が強い状態でした。


 当クリニックの臨床経験では、このような場合には全身が冷えていることが多いのです。

ストレスがかかっている状況では、さらに全身の筋肉がガチガチに凝っていることも多いのです。

診察すると、この患者さんもそのような身体の状態でした。

吐き気や頭痛がでて、当然と思える身体です。


 早速湯たんぽ美人を使って身体を温める事を勧めました。

気温の高い日だったのですが、湯たんぽ美人を離しません。

ご自身が冷えていることに気付いていなかったのです。


 綿花を利用した間接灸と気診治療の組合わせで治療を始めて、2ヶ月後に採血しました。

Her 2蛋白は定性で、陰性となっておりました。

立派な薬で効果がでなかったものでも、体調がよくなると身体が勝手に良くなっていくものなのです。


 治療を始めて、すぐにおいしくご飯が食べられるようになりました。

また、気持ちよく目覚めるようになったのです。

このように毎日が快適に過ごせるようになれば、大抵の病気はよくなります。


 この患者さんは職場にも湯たんぽ美人を置いて、しっかりと身体を温めました。

そうすると、綿花を利用した間接灸と気診治療の効果は一段とよくなります。

休みの日にはご自身でも、綿花を利用した間接灸を頑張りました。

 ご本人は頑張っているのではなく、お灸をすると楽になるのでやっている、とおっしゃいます。


 どんな治療手段でも毎日が快適に過ごせるようになると、病気は治る方向に向いていくと思います。




nice!(0)  コメント(0) 

両側乳癌手術後状態の患者さんの話-2 [治療効果]

 大きな会での講演が重なり、書き込みできませんでした。

 前回の書き込みの患者さんの話です。

背中の苦しさや胃のムカムカ感は治療すると軽快しますが、
すぐに戻ることを繰り返しておりますが、
効果的な時間が延びており、症状の程度も軽減しております。

 前回受診時には、ご自身で刺激しやすい手のひらの刺激を覚えてもらいました。
これで大分楽にはなってきましたが、前回の受診時に再び診察すると、大胸筋を含めて肩関節周辺の筋肉の著しいこりを発見しました。

 この患者さんは乳房を再建するために、胸にエキスパンダーの埋め込み手術を受けていたのです。
内部から圧迫される状態で、肩関節周辺の筋肉のこりがひどかったと考えられます。
局所的にそれらの筋肉のこりを軽減させると、急に眠くなってきたとおっしゃいます。

 このことはよくみられる現象で、身体の負担が軽減すると全身の血行動態がよくなって眠くなります。
この状態でいつも就寝できれば、健康な身体に改善していくのです。
 おそらく今回の治療は前回までの治療よりも、効果が長もちするでしょう。
いくつかのご自身で刺激できるポイントを覚えて頂きましたので、自宅でも治療できると思います。
まだらめ式間接灸の刺激が最も効果的ですが、職場ではトイレでの用手刺激つまり手で揉む事をお勧めしております。
 いくら当クリニックでよくなっても、効果的な時間がまだ短いと思います。
自宅でご自身で治療できれば、早く回復します。さらに効果が長もちする方向に向かいます。

 一日でも早く楽になれますように、そしてその効果が長もちするように祈る気持ちで治療しております。仕上げに気診治療を行なっております。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所  https://www.dr-madarame.com/
 
nice!(0)  コメント(0) 

癌の患者さんの話 [治療効果]

 今の診療スタイルになって、かなりの臨床経験を積んできました。
新潟の福田先生と安保先生と出会ってからだけでも、20年以上経っております。
そのはるか以前には、師匠との出会いもありました。

 昔は癌になったら運命は決まったも同然でした。
しかし、手術や抗癌剤治療を受けることを拒否した患者さんの治療にあたっていると、
体調がいい状態をある程度の期間続けると癌が小さくなってきます。

これまでに治療した癌の患者さんは、手術後に再発転移の予防を希望する方もいらっしゃいました。
それとは逆に、手術はおろか抗癌剤すら使えないような一般状態の悪い末期的な方もいらっしゃいました。

 治療するには末期的な患者さんの方が難しいのは当たり前のことです。
しかし、一生懸命治療するとぐんぐんと元気になってきます。
人間の力は素晴らしいものがあります。
その力を十分に引き出せれば、末期的状況でも快適な毎日が送れるようになります。
そのために必要なことが、第一に全身に血液が巡るようにすることです。

 内臓の機能は、その臓器に流れる循環血液量に比例します。
血の巡りが悪ければ内臓の機能が低下し、血の巡りが良ければ内臓の機能は良くなります。
ここで重要なのが湯たんぽによる身体の加熱・保温です。
具体的な方法はこのブログで何度も取り上げてきました。
その効果についても取り上げてきました。

 自己流の使い方ではうまくいかないことが多いので、これまでの書き込みを参考にしてください。

身体の加熱・保温以外のことについては、さらに書き込みます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 

癌患者さんの冷えについて [治療効果]

 癌患者さんは身体が冷えきっていることが多いのです。
身体が冷えることは全身に血液が流れ難くなり、最終的には内臓に流れる循環血液量が減ります。
その結果、内臓の機能が低下します。

末期癌の患者さんではご飯が食べられなくなります。
消化管の機能が低下してくるからです。
食べる量が減るので、便秘しやすくなります。
大腸に流れる血液の量が減っているためもあります。

癌が大きくなり、神経に浸潤して痛みがひどい場合もあります。
麻薬でコントロールできればいいのですが、そこまで持っていくにはある程度の時間が必要です。

できれば苦痛は早く取り除きたいものです。
ここで大切なことが、身体を温めることです。
湯たんぽ美人を使い、物理的に温めるのです。

そうすると内臓に血液が流れやすくなり、食欲がでてきます。
それに伴って、排便もよくなります。
身体が温まると、筋肉の血行がよくなり痛みも減ります。
ある程度痛みが軽減すると、生活の質( QOL )が改善されます。

かつてある学会のシンポジウムに呼ばれて発表した時の話です。
質問がありました。
癌患者さんを温めると転移しやすくなるので、温めることを避けるように指導していた医師がおりました!
これは都市伝説のようなもので、根拠のないお話です。
身体を冷やすとリンパ球の数が激減します。
癌は転移しやすくなります。
この医師は病態を誤って考えていたようです。

この状態の治療法としては、湯たんぽ美人が最強の治療法です。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 

認知症の患者さんの話 [治療効果]

 まもなく80歳になる男性患者さんの話です。
物忘れが多くなり、勤務している会社の社長さん(84歳)に認知症を疑われ神経内科受診を勧められたのでした。
残念なことに認知症と診断され薬を処方されましたが、効果は実感できません。
そこで社長命令で当クリニックを受診なさいました。

 上記の社長さんとは古くからの付き合いがあり、当クリニックの治療を熟知していらっしゃいます。

診察すると実に冷たい手をしてらっしゃいます。
体幹部も冷たく、これでは脳に十分に血液が流れないだろうと推測するような状況でした。
初診時はまだ寒い3月でしたが、手袋もマフラーもコートも着用していない状態でした。
まずは湯たんぽ美人でしっかりと身体を加熱し、上記の小物を利用して身体を温めることをお勧めしました。

 先日受診されましたが、物忘れはほとんどなくなりました。
驚いたことに、手が温かいのです。
梅雨入りする時季ですので、手が温かいのは不思議でもないのですが、初診以来湯たんぽ美人を手放さずにしっかりと身体を温めていらっしゃったのです。

 認知症の原因には難しい問題があり、解明されていない事柄が沢山あります。
神経内科の医師の意見では、脳内の血流を改善できれば認知症はある程度改善出来るようです。
問題は具体策です。
薬物治療では効果が頭打ちのようですので、その他の治療法を探すべきでしょう。
その答えの一つが湯たんぽ美人による、身体の加熱・保温です。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

nice!(0)  コメント(0) 

刺絡治療は本当に効くのか? [治療効果]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
刺絡とは伝統医学の治療法の一つです。
分類すれば針灸治療の一つになります。
現代医学的には、刺絡は自律神経免疫治療と呼ばれております。

通常の針灸治療と比べると瀉血を伴い、刺激が強力です。
また、瀉血(しゃけつ)するために、医師以外はこの治療をすることはできなくなっております。
時々針灸師が刺絡治療を行なっていて、医師法違反で逮捕されるという新聞記事をみかけます。

その針灸師に治療を受けていた患者さんの話が記事にもでてきますが、ほとんどの場合その針灸師を悪く言う患者さんはいません。

治療が効果的だったからです。

しかし、刺絡治療が効果的か?という疑問には適切な回答ではないようです。
誰がどのような考え方で刺絡治療をするのか?という観点がなければ質問として成り立たないのです。
少なくとも当クリニックで行なっている刺絡治療は効果的です。
通常の医療では治せない難病の多くが治癒または改善してきているからです。

刺絡治療を行なう医師が少ないので、世間の目にはとまらないことが多いのかもしれません。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(1)  コメント(0) 

肺癌の患者さんの話 [治療効果]

 3ヶ月前から肺癌の患者さんの治療をしております。
70歳台の女性です。
煙草も吸わず、定期的に運動もなさる健康的な生活のようです。

健康診断で、たまたま胸のレントゲン写真で肺の異常陰影を指摘されたのでした。
比較的小さな影でした。

診察すると身体が冷えておりましたが、本人は全く気付いておりませんでした。
筋肉の異常なこりが広範囲に観察されました。

まずは湯たんぽを利用して冷えを改善すること、そして綿花を利用したまだらめ式間接灸と気診治療の組合わせで治療を始めました。

週に1回は必ず受診し、治療を受けました。
湯たんぽが快適に感じることで、初めて冷えに気付きました。
また、自宅でも頑張ってお灸をやってくださいました。

 初めのCTから4ヶ月経ったところで経過観察のCTを撮影したところ、肺の異常な陰影は小さくなってきました。

 これから油断せずに頑張れば、消えてなくなるかもしれません。
油断すると大きくなる病気です。
注意深く治療していきます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 治療効果 ブログトップ