So-net無料ブログ作成

悪性腫瘍と新型コロナウイルス感染症の話 [治療法]

 新型コロナウイルス感染症の研究が進んで、色々なことがわかってきました。

世の中には様々な見解があります。

少なくとも学問的に証明された事実を基にして考えても、新型コロナウイルス感染症が簡単には終息しない可能性が高いと思います。

医療崩壊という現象も危惧されております。


 実際に多くの医療者も感染しており、外来部門を閉めたりあるいは病院そのものを休止している施設も増えつつあります。

せっかく早期診断・早期発見された悪性腫瘍が手術できない状況も増えてきております。


手術すればいい状況で手術できないのは、患者さんのみならず医療者にもストレスが貯まります。

もし手術できないのであれば、その間に体質改善の努力をしてみませんか?


日本の悪性腫瘍の治療方針は早期発見・早期手術でした。

この方針は、ある程度の効果を挙げてきました。

しかし、癌をはじめとする悪性腫瘍を作り出す体質改善ができていないと、新たな悪性腫瘍を作り出します。

そのため一つだけではなく、複数の悪性腫瘍に罹患する患者さんが非常に多くなっております。

著明な女優さんが7つか8つの癌に罹患した例もあります。

いずれも早期発見・早期手術で生命そのものには問題はない状態らしいですが、臓器はどんどん減ってきているようです。

日常生活を送ることはだんだんと難しくなっていると推測されます。


 体質改善というと、難しく感じると思います。

実際にやるべきことは難しくありません。

毎日が快適に過ごせるとやがて体質が改善されます。

問題はなにをどうすればいいのか、です。

自己流ではいけません。



 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

病気治療の原則 [治療法]

 本日は真冬並みの寒さで大雪のため、外出する方は少なかったようです。

新型コロナウイルス感染予防にはいい一日でした。


 このブログにも書き込みましたが、一般的に感染症予防にはリンパ球の数が多いほど有利です。

悪性腫瘍でも、腫瘍が縮小する患者さんはリンパ球の数が多いのです。


糖尿病の患者さんでも、血糖のコントロールが悪い場合にはリンパ球の数が少ないのです。

新型コロナウイルス感染の場合で致命的になる可能性が高いとされている、心血管系の病気の患者さんでもコントロールが悪い時にはリンパ球が少ないのです。



 リンパ球数は自律神経の目安になります。

リンパ球は副交感神経の支配を受けているので、リンパ球の%と数が大切になります。

理想的なリンパ球の%は35〜42%で、その絶対数が2,100〜2,400個です。

そもそも20歳の時のリンパ球の数が約2,000個です。

年齢が上がると、リンパ球の数が徐々に減っていくのです。

病気に罹るとさらにリンパ球が減ります。

リンパ球が減るから病気に罹るのかもしれません。


 逆にリンパ球が増えれば病気の経過は良好となります。

リンパ球の数を増やす方法はこれまでにこのブログに取り上げてきました。

参考にしてください。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

新型コロナウイルスの対処法 [治療法]

 新型コロナウイルスは猛威を振るっております。

幸いなことに日本では重症になる患者さんの数は少ないようです。

そういった状況で、いろいろな方がいろいろなことを発信しております。


さきほど発見したのが、公衆衛生の専門家の発言です。


いわゆる特効薬はもとからありませんし、ワクチンができるまでには相当の時間が必要と考えられます。

頼りになるのは自分自身の免疫力となります。

この記事では基本方針しか言及しておりません。

具体策がありませんので、それはこちらを参考になさってください。









nice!(0)  コメント(0) 

新型コロナウイルスの話 [治療法]

 新型というだけあって、詳細はまだまだ不明な点が多い病気です。

その全容が判らなければ治療できない、予防できないわけではありません。

免疫の状態を望ましい状態にすれば感染し難くなるだろうし、万が一にも感染しても回復が早くなるだろうと推測できます。


 日常生活でできる免疫アップの方法をこちらにまとめました。

湯たんぽ美人を使うのも当然の手段です。

その他の手段も、全てではありませんがまとめてみました。

ご興味のある方はこちらを参考にしてください。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

右足首を捻挫した患者さんの話 [治療法]

 約15年以上治療している患者さんの話です。

もともとは潰瘍性大腸炎で受診されていたのですが、自律神経免疫治療で血便や腹痛が消失し、

消化器内科の検査でも全く問題のない状態になっても、月に1回受診されている患者さんの話です。


 この患者さんは、年末に右足首を捻挫してしまいました。

冷やしたり温めたりして、なんとか右足首の痛みは解消した状態になりました。

一昨日から捻挫した部位が再び痛みだしたのです。

歩くにも不自由となり、よろめくように受診されました。

ちょうど冷え込みがきつくなってから、痛みがぶり返したようです。

この患者さんは受診歴が長いので、冷えと痛みの関係も熟知していらっしゃいます。

湯たんぽ美人の愛用者で、冷え込んできているので湯たんぽ美人を使っていらっしゃいました。

しかし、今回は間に合わなかったのです。

足首を支える筋肉がガチガチに緊張して、硬くなっておりました。


 右股関節に圧痛があります。

左とは明らかに差があります。

足首の状態が悪いので、膝そして股関節・さらには腰に影響が出ることはよく観察されます。

触診では身体は温かい状況でした。

湯たんぽ美人を使わなかったら、もっと痛みがひどかったのでしょう。


 右の股関節の圧痛を改善させる下腹部のポイントを、綿花を利用した間接灸で刺激します。

さらに、大腿部および足首付近の重要なツボを、同様に刺激するとすっかり快適になりました。


 捻挫そのものは回復した状態だったのでしょう。

しかし、冷え込みがきつくなって、いってみれば古傷がうづく状態となり、

痛みがでたものと考えました。

足関節などの機能が低下したための痛みだったので、下肢を支える筋肉の機能を向上させる治療が効果的であったと考えられます。


 冷えがこんなにも悪さをするのか、とこの患者さんは驚いておりました。


もう少し寒い時期は続きます。


ご用心ご用心





 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

笠井アナの話:悪性リンパ腫の治療について [治療法]

 元フジテレビアナウンサーの笠井さんが悪性リンパ腫の抗癌剤治療を始めたという記事がありました。

悪性リンパ腫などの血液の癌とされる病気は抗癌剤が効果的です。

しかし、繰り返し抗癌剤を使っていると白血球や血小板の数が減ってきて、治療を続けられないことがでてきます。また、抗癌剤の副作用が辛くて、治療を続けられないこともよくでてきます。


 このような時に、どのように対処するか?


まず抗癌剤の副作用対策として必要な事を述べます。 


抗癌剤は根本的には交感神経を刺激する薬物です。

その副作用を軽減させるには、副交感神経を刺激する事が最良の手段です。

湯たんぽで身体をしっかりと温めることで、全身にくまなく血液を送り出せるようにすることが大切です。

第二には、筋肉の異常なこりを軽減させる事です。

 交感神経が優位になると、いろいろな筋肉内にいわゆる疲労物質が貯まります。

そのために筋肉のこりがでてきます。

このようなものがあると、筋肉内の血液の流れが悪くなります。

副交感神経を優位にする事が難しくなります。

そのため、筋肉の異常なこりを改善させる必要があるのです。


 綿花を利用した、まだらめ式間接灸と気診治療の組合わせが極めて効果的な治療法となります。


 白血球や血小板の数が減少した場合の対処法について


 踵に直接灸を多数据えるのです。

この手段で白血球や血小板の数が増えます。

薬物治療で白血球を増やす薬物もありますが、リンパ球を増やす事はできません。

踵の直接灸はリンパ球が増やせます。

もちろん薬物治療を併用しても問題ありません。

お灸をすると全般に体調がよくなり、気力が湧いてきます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

冷えは必ず治ります [治療法]

 冷えは身体を温めて、その熱を局所に保持出来たらば絶対に治ります。

温めるために湯たんぽが大切な道具になります。

なぜ湯たんぽなのでしょうか?


 身体を温める根拠となるのが熱量です。

お湯の熱量が大きいので、温まりやすいのです。

電気あんかでは熱の産生量は小さいのです。

2リットルの沸騰したお湯で湯たんぽを作ると、身体を温める熱量は13万カロリーの熱量があります。

平均的な電気あんかは30ワットで、1時間辺りの熱の産生量は2万7千カロリーはありません。

従って、今身体を温めるとすれば、電気あんかは湯たんぽにかないません。


 さらに湯たんぽは身体が温まると、次第にぬるくなるのも優しいのです。

停電になっても温かいのが湯たんぽです。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

内臓 湯たんぽ [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。


今の医療で治療法がない、あるいは治療効果がはかばかしくないと考えられる病気・病態の多くは内臓の機能が低下している事が考えられます。

内臓の機能が低下している、というと肝臓が悪い・腎臓が悪いと考えがちです。

しかし、検査しても肝臓や腎臓をはじめとする内臓には問題のない場合もあります。

このような状態では、内臓に十分に血液が流れないために症状が出ている可能性が高いのです。

やっかいなことに各臓器に流れる血液量を検査するのはかなり難しいことなのです。

現実に日常診療ではほぼ不可能に近いのです。


 問題は、実際にはこのような状況が起きている確率が高いことです。


このような状態の対処法としては、しっかりと身体を温めて内臓に十分に血液が流れるようにすることです。

最も効果的なのが、湯たんぽの活用です。

湯たんぽは2リットル程度ののお湯の入るものがいいのです。

温度は100℃の沸騰したお湯を入れましょう。


看護師の国家試験では、湯たんぽには70℃のお湯を入れて足元から10センチ離して温めると答える事になっております。


実際に70℃のお湯の湯たんぽを使ってみると、ぬるくてダメでした。

なぜ湯たんぽが身体を温めるのに効果的か?と考えると身体を温める熱量が多いからです。

70℃のお湯と、100℃のお湯で同じ量のお湯ならば、100℃のお湯の熱量が多いのです。

あとは使い方でヤケドしないように湯たんぽを使うのです。


1ヶ所に長時間湯たんぽを宛てがっていたらヤケドする可能性は高くなります。

あと5分もしたら汗をかきそう、という時点で移動させます。

温める部位については他の記事を参照してください。


いろいろな症状があり、沢山の検査を受けても異常がないとなると”心の問題です”などと言われる事もあります。

しかし、検査で異常がでない病態も沢山あります。

精神的に問題があるようにみえる患者さんでも、多くの場合、身体を温めると良くなる事が多いのです。


 身体を温めると内臓の機能が良くなります。

ここで言う内臓は脳を含みます。

脳の血行が悪いので、抑うつ的な気分になったりすることもあるのです。


 首から下を十分に温めると脳を含めた内臓への血行が良くなり、様々な症状が改善しやすくなるのです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

目の下くま せんねん灸 [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。

綿花を利用した、まだらめ式間接灸の話題はこのブログでは何度も取り上げております。

この方法でならば、ヤケドしにくいのです。

そのため、顔面にお灸をすることも可能となっております。

まぶた周辺にじんわりと熱のエネルギーを入れる事により、まぶた周辺の血行を良くするのです。

その結果として目の下のクマが解消されます。


しかし、せんねん灸のようないわゆる簡易灸では両面テープなどを利用して局所に固定しているため、局所が熱くなり過ぎてヤケドの危険が大きいのです。

特に顔面のヤケドは困ります。


綿花を利用した、まだらめ式間接灸は移動しながら行ないます。

皮膚の限度を超えた熱刺激はヤケドします。

せんねん灸などの簡易灸では移動ができません。


いくらお灸が効果的といってもやり方の問題がありますので、ご用心を!




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

お灸 せんねん灸 やけどはだいじょうぶ? [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。

お灸というと、せんねん灸がすぐに思い描かれます。

お灸は中国由来の治療法ですが、日本で独自の発展をとげております。

むしろ今の中国ではあまり使われない治療法になっているようです。

また、中国でのお灸は日本でいう、棒灸で間接的な熱刺激の治療法になっているようです。


 つまり日本でやっているような、肌を直接刺激するお灸とはひと味違う治療法になっています。



 さて、日本でもお灸はすでになじみのない治療法になっており、

お灸というと肌に直接据えるお灸よりは台座のついた、

せんねん灸のようなものがポピュラーになっております。

 せんねん灸はやけどしにくいように考えられますが、実際にやってみるとヤケドしやすいので

注意が必要です。


 熱くなっても両面テープで固定されていますので、移動できません。

そのためヤケドする可能性があります。

台座があるから大丈夫と油断してはいけません。


 安全にお灸をするならば、綿花を利用したまだらめ式間接灸で行なうのがお勧めです。











nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康