SSブログ
前の10件 | -

直腸癌の患者さんの話 [具体的な症例]

 50歳代の男性で標記の患者さんが受診しております。

痔と思っていたら実は直腸癌だったという、ありがちなパターンです。

直腸癌と診断されてから生活態度を改めました。

肉食を止め、玄米菜食にしました。

お酒を止め、甘いものも好きだったのですがケーキをあきらめました。

それだけでは心許なかったので、当クリニックを受診することにしました。


診察すると身体が冷えております。

冷えるとリンパ球の数が減って癌を小さくするには不都合なことを説明しました。


 湯たんぽ美人を使い、身体の加熱法を覚えていただきました。

お腹はガスもなく、消化管の癌があるのに素晴らしいお腹です。

食生活などの効果だと思います。

お尻のあたりに痛みがあります。

特徴的な場所で、足のツボ刺激が効果的と判断できる場所でした。


 足のツボを刺激したら非常に痛がります。

綿花を利用したまだらめ式間接灸で刺激すると、指で刺激しても痛みはなくなりました。

お尻の痛みも気にならない程度に軽減しました。


ある程度時間が経てば、また痛みは出てくると思いますが、繰り返し刺激すれば日常生活には支障はなくなると思います。


 直腸癌が縮小・消失するのはかなり大変なことですが、腸閉塞を疑わせる状況にはありません。

腸閉塞を起こすと命取りにもなりかねません。

この対処だけは知っておかないといけませんので、事細かに説明しました。


 当分は綿花を利用した、まだらめ式間接灸と気診治療の組み合わせで治療していきます。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

しばらく更新をサボっていたら、、、 [その他]

 しばらく更新をサボっていたら、変な広告が出ております。

このブログは有料会員になっており、広告を出さないようにしておりました。

しかし、更新を怠るとこのようなことが出てくるとは!!!!!


 取り敢えず、更新したことにして明日以降に本格的な記事を書き込みます。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

悪性リンパ腫に効くお灸のツボはある? [治療法]

 これはこのブログを検索してくださった方の検索ワードの一つです。

何らかの病気に特別よく効くツボがあるのではないか?

と期待されることは多いのです。

あったらいいですね!

何とか知りたいものです。


 これまでに東洋医学を中心に色々な治療法を研究してきました。

古典に則った治療を研究してきましたが、上述のような特効的に効くツボというものはありません。

どうすれば病気が良くなるのか?を突き詰めると、毎日が快適に過ごせれば病気が良くなるのです。

同じ病気の患者さんを調べてみても、治療法は違ってくるのです。

なるべく早く苦痛を取り除く治療をしていくと難病とされるような難しい病気でも良くなってきます。


 問題になるのは治療の頻度です。

いくら立派な治療法でも一年に一度の治療では難病は治らないでしょう!

食事だって、1日に3回摂って命を繋いでいるのです。

病気を治す治療も、ある程度の頻度が必要なのは当然のことです。


 そのために自分自身で治療ができれば治療の頻度を上げることが可能になります。

当クリニックでは患者さんご自身ができる治療法をお教えしております。

このようなやり方をマスターしていただければ、一生の宝になります。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

井穴刺絡療法効果なし

 これはこのブログを検索してくださった方の検索用語の一つです。


 井穴刺絡とは伝統医学の治療法の一つです。

江戸時代の名医の治療経験が掲載されている書籍を見ると、通常の漢方治療で効果が出ない病態を井穴刺絡で改善させた治療実績が見つかります。

これはそれぞれの医師が受けたトレーニングと関係しているようで、漢方治療専門の医師・例外的に刺絡や針治療を行う医師・刺絡を頻用する医師など様々な状況だったようです。


 その井穴刺絡が効果がない場合には、いつくかの問題点を指摘できます。

まず第一には的確な方法での井穴刺絡になっているのか?という点です。

井穴刺絡は爪の生え際付近にある井穴と呼ばれるツボを刺激します。

一般的にはそのツボに針を刺して刺激します。

その針での刺激だけでは効果が出にくいのです。

指先からある程度の瀉血をしないと効果は不足します。

井穴刺絡をしなければいけない病態の場合には、指先を絞らなくても出血します。

しかもその血液の色がドス黒いのです。

瀉血して綿花で拭き取ることを繰り返しているうちに血液の色が鮮紅色になります。

この時点で次の指の処置に移ります。

この程度の刺激でなければ効果は出にくいのです。

つまり井穴刺絡として効果が出るのに必要な刺激になっているか?という問題があります。


第二には、井穴刺絡だけでは病態改善が不十分な場合があります。

かつて某大学附属青山自然医療研究所に所属していた時代に、以下の検討を行いました。

脈診をして井穴刺絡適応と判断した場合、治療後に脈診では改善を認めました。

しかし、他の条件を付けて脈診すると治療の必要性があることに気付きました。

井穴刺絡が全ての病態を改善できる技術ではありません。

たくさんある針灸治療の方法の中の一つの手段なのです。

井穴刺絡を過信してはいけません。


第三には井穴刺絡は起死回生の治療手段ではありますが、あまりにも体力が低下した状態では使いにくい手段でもあります。

患者さんの体力が井穴刺絡に反応できるだけのパワーがあるか?という問題です。

この判定はかなり難しいのは明らかです。

言葉を代えて表現すれば、井穴刺絡がその患者さんにとってのbest choiceか?という問題です。

第二の問題点で取り上げたように、針灸治療の手段はたくさんあります。

一般的に治療する者は自分が得意な治療手段で治療しますが、冷静に考えるとそれがbest choiceである可能性が高いのか?という問題です。

治療者にとってはbest choiceでしょう。

しかし、治療とは治療を受ける患者さんにとってのbest choiceが求められる筈です。

治療者の都合で決められて良いはずがありません。


これらの理由で井穴刺絡が効果がなかったのだろうと推測しております。



nice!(0)  コメント(0) 

診療開始しました。新型コロナウイルス感染症対策 [病態・治療法]

 今年は丑年。


当クリニックは1月5日から診療を開始しました。

丑年には、倦まず弛まず進むイメージがあります。

当クリニックは通常の医療で改善しない方を救済する目的で開設しております。

今年に限らず、倦まず弛まず診療して参ります。


 世界中の人々が幸せになれるように、という期待を込めて診療して参ります。


 新型コロナウイルス感染症は収束の気配がなく、再度の緊急事態宣言が出されるようです。

ウイルス感染症への対抗策としては、白血球の中身であるリンパ球の数を維持することそしてリンパ球の機能が良好であることが必要です。

うがい・手洗いが必要なことは申すまでもありません。

感染症は原因となるウイルスや細菌だけの問題ではありません。

感染して困る、ヒトの問題があります。

体力的に低下した状態ならば、感染しやすくなるでしょう!

どうしたら感染しにくくなるか?

うがい・手洗いだけでは足りません。


 リンパ球を増やす方法は血液学の教科書には載っておりません。

安保 徹先生が発見したリンパ球は副交感神経の支配を受けていることを考えると、副交感神経を優位にする生活をしておればリンパ球が増やせます。

まずは早寝早起きが必要です。

夜更かしの生活をしているとリンパ球が減ります。

歯磨きも大切です。

口の中は温かく、細菌の立場からすればエサの多い環境です。

起床時に歯磨きをしないで朝食を食べるのは、就寝時に増えた細菌ごとお腹に入れていることなのです。

これだけでリンパ球が減ります。

リンパ球を増やすためには、細菌の絶対量を減らすことも大切なことです。

少なくとも毎日歯磨きはしていますよね!

その頻度を増やせばリンパ球は増えやすくなります。

理想的には食前食後の歯磨きができればいいですね!

昼食前の歯磨きが一番難しいようです。


 最も簡単にリンパ球を増やす方法としては、このブログで何度も取り上げて来ております湯たんぽ美人による身体の加熱・保温という手段があります。

突き詰めて考えてみると、副交感神経が優位な状態とは全身に隈なく血液が流れている状態と考えられます。

言ってみれば身体のどこかしらが冷えている状態があるといけません。

色々な理由で冷えは出てきます。

その理由によって多少の差はありますが、冷えの改善には身体を温めるめる事が必要です。

湯たんぽなんて原始的なものを!と嫌がる方も多いのです。

しかし、冷たい身体を温めるためには、熱量が多くないと物理的に無理なことになります。

電気アンカは標準的には30W/時間の熱量を出します。

これはCalで考えると、30WX60秒X60分X860Cal/W≒25,800Cal の熱量を発生するだけなのです。

100℃のお湯を2,000ミリリットル入れた湯たんぽの有する熱量を考えてみましょう。

身体表面の温度が35℃になったら問題はない状態ですので、(100-35)℃X2,000=130,000Calの熱量があります。

電気アンカは1時間かけて2万6000Calも熱を産生しませんが、沸騰した2リットルの湯たんぽには身体を温める熱量は13万Calもあります。

つまり、湯たんぽは今の瞬間でも13万Calの熱量がありますが、電気アンカでは1時間かけても3万Calも発熱しないのです。

どれだけ湯たんぽが優秀か、わかるでしょう!

しかも停電になったら電気アンカは役に立ちません。

現代ではなかなか停電にはなりませんが、東日本大地震のような計画停電が行われた時には湯たんぽに助けられたとおっしゃる方が多かったのです。

新型コロナウイルス感染症に限らず、寒くなると肺炎になりやすくなります。

肺炎球菌ワクチンの接種は大事ですが、肺炎は色々な理由で発症します。

それだけでは不十分なのは当然でしょう。

ワクチンの存在しない細菌・ウイルスがあるのはご承知の通りです。

やむを得ません。

ご自身の免疫力を高めることが重要となります。

免疫力の裏付けがリンパ球です。

年齢が高くなるとリンパ球が減ります。

高齢者が重症化しやすくなるのはリンパ球が減るからと推測されます。


湯たんぽ加熱ではリンパ球395個しかないような患者さんでも、5日後には1,750個までリンパ球を増やすことができます。

新型コロナウイルス感染症を克服するためには湯たんぽが大きな力を発揮すると思います。


本年も身体の機能を高めることを目標に診療にあたります。













nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

黄斑変性の患者さんの話 [治療効果]

 黄斑変性とは聞き慣れない病名ですが、高齢化社会には頻度の高い病気の一つになってきております。

網膜中心が黄斑です。

ここが一番視力に関係が深い場所です。

黄斑付近の細胞に障害が出たときに視力が低下してきます。

本日紹介するのは60歳代の男性です。


右目の中心部が暗くなってよく見えない状況でした。

眼科では加齢黄斑変性と診断されております。

左目の視力は良好に保たれているので、日常生活は大丈夫です。

しかし、バスの運転が仕事の一部ですので、非常に困っている状況です。

運転するには危険な状態ですからね!


診察すると手足が冷たいのです。

手のひらの中央部は28℃しかなく、各指の指紋の中央付近では22℃から24℃程度しかありませんでした。

通常は手のひらの中央部の温度は低くても30℃はあり、指紋中央部の温度は冷えている方でも25〜26℃程度です。

身体の端っこまで十分に血液が流れていない状態です。

まずは湯たんぽ美人で身体を温めると快適に感じます。

されに首のスジに綿花を利用した、まだらめ式間接灸を行いました。

ついで、目にお灸をすると右目の中心部が真っ暗ではなくなり、見え方がよくなってきたそうです。

網膜にも十分に血液が流れていなかったのでしょう!


生活環境を伺うと、住宅が寒いようです。

寝室が寒くて困っているようでした。

寝室の環境までは湯たんぽで変えることはできません。

寒い寝室では眼底の血流は改善しにくいはずです。

低温でオールナイトで暖房をつけて寝ることを勧めました。


2週間後に再診でした。

寝室に暖房をオールナイトで入れ、湯たんぽのお湯替えの頻度を多くしたところ、

かなり視力が改善してきただけでなく、全般に気力が湧いてきたそうです。

今回は綿花を利用した、まだらめ式間接灸のやり方を覚えてもらいました。

首のスジに灸するのは難しいので、ほぼ同様の効果の出るツボが代用出来ます。

そのツボにお灸していただくこととしました。

すぐはご自身では難しいと思いましたが、目の灸を練習していただきました。


今回の方が前回よりもさらに目の調子がよくなったそうです。

仕上げに気診治療を行いました。

自宅で繰り返し、このような治療ができればある程度までは回復するでしょう。


加齢黄斑変性症の全てにこのように効果が出るか、まだまだ不明ですが、眼科の治療だけではなく

このような治療でもある程度の効果が期待できると考えられます。













nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

全身の浮腫がすごい患者さんの話 [治療法]

 所長は肝臓学を専攻した経歴があるので、肝臓が悪くて腹水が溜まってから浮腫が出てくる患者さんを治療する機会が多かったのです。

多くは肝硬変・肝癌を合併している患者さんでした。

浮腫は肝臓が悪いから出てくるだけのものではなく、腎臓や心臓が悪くても出現する症候です。

今回紹介するのは、正確な診断がついていないのですが全身に著名な浮腫が出ている患者さんの話です。


 60歳代の女性。

四肢が著名な浮腫のため、歩行困難になり近所の基幹病院循環器科を受診。

精査するのは難しいと考えたのか、詳細は不明ですが検査を予定することもなく利尿剤を処方されました。

数日内服したのですが、やたらに口が渇くだけで排尿量は全く増えなかったそうです。

日に日に浮腫がひどくなるので、当クリニックは遠かったのですが車椅子を使って受診されました。


診察すると、ここまでむくめるのかと思ったほど手足がパンパンに膨れ上がっておりました。

浮腫はブヨブヨしていると感じている方は多いと思いますが、この患者さんはカチカチに硬くなっておりました。

体格あるいは骨格は小さいと思いますが、手足はまるでプロレスラーのような太さでした。

それだけ浮腫がひどいのです。

手足がパンパンなだけではありません。

顔がまん丸になって、さらにまぶたも浮腫んで目の前にあるものも見えにくい状況でした。

筋肉のこりに関しては、浮腫の程度が著しいので判然としないのですが、間違いなく存在しているはずです。


ここまで浮腫が強烈だと血管の中の水分が少なくなっているので、利尿剤が効かなかったのか?と推測しました。


まずは冷たい手足を含めて、全身を湯たんぽで温めました。

当クリニックのある湯たんぽを総動員して臀部・背中・四肢・頚部・腹部を温めました。

温めながら首のスジに綿花を利用した、まだらめ式間接灸で刺激しました。

左右に刺激したあたりで、呼吸が楽になってきたとお話してくださいました。

その後手のひらの特殊なツボにお灸すると首・肩が楽になってきた、とお話してくださいました。

目にもお灸すると、(かなりしつこくお灸しました!)一重だった瞼が二重だったのが判りました。

眼裂が広がったのが明らかでした。

本人も目が見えるようになったとおっしゃってくださいました。

まぶたの浮腫は疲れます。

瞼に僅か1グラムの錘を貼り付けると、運動部の大学生でも30分もしないうちにバテバテになってしまいます。

これだけの浮腫ではどれだけの重さだったのでしょう!


手足も温かくなってきました。

約30分間治療すると手足が細くなってきました。

全身に活力が湧いてきたように感じてきたそうです。


自宅ではまずは湯たんぽ美人を使って身体を温めていただくことにしました。

もう少し浮腫が減ってきたら、色々なツボ刺激がしやすくなります。


最後の仕上げに気診治療を行いました。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

いよいよ師走 [季節]

 師走に入り、一段と寒さが募ります。

この寒さ・乾燥に乗じて、新型コロナウイルス感染症患者さんは格段に増えております。

寒さ・乾燥の対抗手段としては、暖房・加湿があります。

外出する場合にはカイロを持って、手袋・マフラー・帽子を着用することです。


 そうは言っても、冬は夏と比べるとリンパ球の数が少ないのです。

つまり、冬には免疫機能が低下するものなのです。

冬に悪くなる病気が大半だと思います。

相当に用心する必要があります。


 単純にリンパ球を増やすには、身体のスミズミまで血液が流れるようにすればよろしいのです。

湯たんぽによる身体の加熱・保温が重要なのはここに秘密があります。

血液学の教科書にはリンパ球の増やし方は書いてありませんでした。

しかし、所長の臨床経験からは副交感神経を優位にすればリンパ球は増えます。

特に湯たんぽをしっかり使うと急激にリンパ球が増えます。


 多くの方は湯たんぽは寝るときに使うものだと考えておりますが、これは大きな間違いです。

リンパ球を増やすには、身体が温かくなっている時間が長いほど有利なのです。

朝目覚めたら、昨夜使った湯たんぽのお湯を沸かし直してみましょう。

一日中湯たんぽを使うと新型コロナウイルス感染症だけでなく、風邪もひきにくくなります。


 毎日が快適に過ごせるようになります。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

11月も間もなく終ります:新型コロナウイルス感染症の対策 [季節]

 今年はコロナに始まり、コロナに振り回されている1年になっております。

まだ残すところ1ヶ月ありますが、明日からは一段と寒くなるようです。

新型コロナウイルス感染症では、免疫の状態が望ましい状態では重症化する可能性が低いことが判明しております。

もっとも簡単に免疫の状態を知るにはリンパ球の数を観察する事です。

リンパ球の数が多い感染者は重症化しにくかったことが、早い時期に判明しております。


検査しないでリンパ球が多いか、あるいは少ないかを予想する方法としては、身体の冷えの有無を観察するとよろしいのです。

リンパ球が多い状態とは、全身に隈なく血液が流れている状態です。

これが自律神経の言葉で表現すれば、副交感神経が優位な状態です。

副交感神経が優位な状態とは則ち、血液循環が良好な状態です。

内臓に十分に血液が流れるので、内臓の機能が良好な状態です。

代謝が良好となり、自分自身で熱を産生が上手にできますので冷えとは無縁の状態になります。

そして、手足の隅々まで血液が流れやすい状態でもあります。

これが免疫の状態が望ましい状態を、血液循環と自律神経から観察した事実です。


身体にある程度のウイルスの量が侵入したら、感染してしまいます。

その侵入を防ぐためにうがい・手洗いが必要になります。

それでも感染してしまうことは残念ながら、あり得ることです。


 最後の砦が免疫で、明確にわかるのがリンパ球の数です。


寒くなってくると、リンパ球の数が減ります。

湯たんぽで身体を十分に温めると、リンパ球の数は急速に増えるのです。


リンパ球の数は高齢になると減ります。

身体が冷えても減ります。


どちらも湯たんぽによる加熱保温で改善できます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

疲労学会に参加しました [学会]

 まだまだ新型コロナウイルス感染症は収束しておりません。

そのため、学会・研究会では今年度の開催を中止したものも多くみられます。


慢性疲労症候群や労働疲労などを中心に扱う、疲労学会は本来ならば5月に開催されるよていでしたが、延期されました。

昨日と本日にハイブリッドで開催されました。

現場で参加するのと、パソコンなどを利用してリモートで参加するのとで、ハイブリッド開催でした。

所長は移動中の感染する可能性が高くなるのでは?と不安があり、リモートでの参加としました。


理事長先生や大会長先生のお顔も拝見できたし、よく会う会員の声も聴けて満足しました。

疲労を真摯に追求する研究内容を拝見し、明日からまた治療を頑張ろうと思いました。


来年は東京開催が決定しておりますが、全てリモート開催となるそうです。

会員とは直接は会えませんが、頑張って演題を作成する予定です。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -